Pulse Rifle (パルスライフル)

武器情報 Pulse_rifle_DS2.jpg
コスト 7,000 credits
仕様書
ダメージ 5 (9 最大)
弾薬サイズ 1,250 credits for 25 Pulse Rounds
最大弾数 50 (175 最大)
ファイアレート
射程距離 遠距離
セカンダリモード グレネードランチャー
弾消費 25

プライマリ

即着弾する弾丸を射出する。(ワントリガーにつき、重力下で静止中3発、移動しながらだと2発、無重力下で1発の射撃を行う)

セカンダリ

緩めの放物線を描いて飛ぶ、接触起爆の榴弾を発射する。



情報

正式名称:SWS Motorized Pulse Rifle
一般的な兵士達の標準的な銃火器。Isaacの装備の中で数少ない正式な「武器」。所謂アサルトライフルである。

弾1発当たりの値段も安く、大量の弾薬を気軽に持ち運んで運用できるのが特徴のほか、HPの低い敵に対して、オーバーキルによる無駄が出づらいため弾薬効率も良く、また、仮にオーバーキルが発生した場合でも、弾薬単価が安いこともあり痛手とはならない。
死骸から速やかにアイテムを確保できるという長所もある。
弾速のおかげで遠距離戦も強く、範囲攻撃とノックバックでラッシュにも対応できる汎用性を持つ。

プライマリはトリガーボタンを押し続けている間、弾丸を連続で発射し続ける。
マシンガン系武装にありがちな「弾道がブレて狙いと違う場所に弾が飛ぶ」ということは無い。
どんなに遠距離でもちゃんと照準を合わせた場所に命中する。
弾速と連射力に優れており、攻撃力を強化すればすぐさま敵を打ち倒すことが出来る高い瞬間火力を持つようになる。
また、意外と敵をノックバックさせる力が大きいため敵を封殺しやすい。
一発当たっただけでも敵がのけぞるので、弾丸をばら撒まいて動きが止まった相手に狙いを定め直すのが容易である。
ただし攻撃判定は小さく、部位切断には高い射撃精度を要求されるので、使いこなすには熟練が必要。
特にLurkerの触手切断には非常に苦労する。
普通は一瞬だけトリガーボタンを押しても数発撃ってしまうが、撃ってエイムボタンをすぐ離すことで単発撃ちが可能。
とことんケチりたい時に。

セカンダリは放物線を描くグレネード弾を発射する。無重力下では落下せず、そこそこの速度で直進し続ける。
地形やNMなど何かに接触すると爆発し、一定範囲を攻撃する。当然、爆発が近いと自爆するので注意。
一匹一匹を潰すのが面倒なSwarmerの処理や、複数の敵が一箇所に固まった場合に打ち込むと効率的。
セカンダリの威力はそれほど高くないので、一対一ならまずプライマリを25発撃ち込んだほうが弾薬的には得である。

用途

照準の小ささによる部位切断が難しい事を除けば、かなり扱いやすい優良な武器。
特に弾薬数の伸びが大きく、戦闘の持続力が非常に高い。

主武装としてNodeを注ぎ込んだ場合は、攻撃力の増加により瞬間火力が向上し、装弾数の多さによる持続力からどんなNMに対しても十分な破壊力を出せる兵器と化す。
大型相手にはStasisをかけてからの全力射撃で速やかな撃破を狙え、中型の敵相手にもノックバック→脚部→腕部切断を瞬間的に行えるうえ、小型の敵もバラ撒きで掃除が出来る。
バースト射撃によってアイテムドロップを確保できるため、経済面にも若干の余裕が生まれる。
セカンダリで範囲攻撃も可能で、装弾数も多いため多少の消費は怖くないと、Plasma Cutterと同等以上の汎用性を持つ武器となる。

一応Nodeを使わなくても、サブ武器としてくらいは運用できる。
ただし、初期状態では攻撃力・装弾数が心もとないため、中型NMのラッシュに持ち込んでも押し負ける場合がある。
主にPackやClawlerといった耐久力の低い小型NMの駆逐に使うことになるだろう。
または単体で現れた中型NMに対して主武装の弾薬を節約するためくらいか。
PlasmaCutterでは出来ない小型NMの効率的な処理を一手に担い、死骸が消える前にアイテムを頂戴したい。

長所

  • 高瞬間火力
  • 範囲攻撃
  • 装弾数の多さ
  • 弾薬効率の良さ
  • 遠距離戦可能
  • 入手時期の早さ
  • ラッシュ対応力

短所

  • 点攻撃によるエイミングの難易度
  • セカンダリによる自爆・誤爆の危険性

武器強化効果
DAMAGE 威力増加 +1 pts
CAPACITY 容量増加 +25 pts
RELOAD リロード速度上昇 -0.2 sec
ALT FIRE セカンダリ威力上昇 +3 pts

Pulse_rifle_bench12.jpg


  • 最終更新:2014-05-14 09:51:56

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード